クラビットで感染症治療の記事一覧

  • 2018.04.27

    万が一、薬の飲み方を間違えた時の対処

    医師から処方された薬や市販の薬を飲む時には、飲み方に注意する必要があります。 飲み方を間違えてしまいますと、効果がうすくなったり、体に何かしらの異変がでてくることもあります。 そこで、飲み方を間違え...記事の詳細

  • 2018.03.28

    アナフィラキシーショックは危険

    淋病をはじめとした性病を治療する場合には、ほとんどの場合、適切な医薬品を経口投与することによる服薬治療が行われることとなります。薬物治療の効果が薄い場合や淋病の症状が重篤な場合には筋肉注射や点滴などに...記事の詳細

  • 2018.02.21

    アジスロマイシン水和物の作用機序

    アジスロマイシンは、ファイザー株式会社が製造し販売している15員環マクロライド系抗生物質です。商品名はジスロマックで、国内で販売されている15員環マクロライド系抗生物質はアジスロマイシンのみです。 ...記事の詳細

  • 2018.01.19

    抗生物質とは

    抗生物質とは抗生剤とも呼ばれ、病原体に対し殺菌的・静菌的作用を持つ薬剤のことです。 カビや細菌から作られ、病原体にとっては毒であっても人間には毒性の弱い性質を利用し薬として開発されて今日に至っています...記事の詳細

  • 2017.12.25

    バルトレックスとクラビットは何処が違う?

    クラビットとは、抗生物質のひとつです。細菌の増殖を防ぐ効能があるため、細菌感染症の治療薬として使われています。様々な種類の細菌に有効なので、汎用性の高い抗生物質として、多くの細菌感染症の患者に処方され...記事の詳細

  • 2017.12.05

    男女で違うクラミジアの感染チェック

    クラミジアはクラミジアトラコマチスという細菌が、性行為によって感染する性病の1つです。性病にはいろいろな種類がありますが、クラミジアは特に10~20代の若い男女に多く見られ、性病の中ではダントツに多い...記事の詳細

  • 2017.11.17

    クラミジアの潜伏期間

    クラミジアはオーラルセックスを含めた性交渉によって感染する性感染症の一つです。その感染率は高く、コンドームを使用しない性交渉の場合、クラミジア感染者からうつる確立は50%以上あると考えられています。 ...記事の詳細

  • 2017.11.02

    クラミジア感染に有効なクラビット

    日本には、性感染症の悩みを抱えている人が男女を問わず多いです。ここ数年、若い世代の性感染症患者が増え、中には高校生の患者もいることから、学校などでも問題になっています。 しかし、いくら学校で注意して...記事の詳細

  • 2017.10.23

    カンジダへのクラビットの効き目と第四性病について

    女性は性器周辺に痒みを伴うことが多いですが、原因は蒸れだけでなく、カンジダを発症している可能性も高くなっています。カンジダは膣の部分など、人の身体に元々生息している真菌です。性感染症と間違われることが...記事の詳細