バルトレックスとクラビットは何処が違う?

クラビットとは、抗生物質のひとつです。細菌の増殖を防ぐ効能があるため、細菌感染症の治療薬として使われています。様々な種類の細菌に有効なので、汎用性の高い抗生物質として、多くの細菌感染症の患者に処方されています。

バルトレックスは、抗ウイルス薬のひとつで、ウイルスの増殖を防ぐ効能があります。主にヘルペスウイルスによる感染症の治療に使われています。細菌とウイルスは、どちらも感染症の原因となりますが、それぞれ特徴が異なっています。細菌はそれ自体が増殖していきますが、ウイルスは細菌よりもはるかにサイズが小さく、細胞内に入り込んで細胞分裂によって増殖していきます。

このように全く性質が異なっているので、それぞれ抗生物質と抗ウイルス剤でなければ撃退できないのです。クラビットは汎用性の高い抗生物質ですが、クラビットでヘルペスウイルスの増殖を抑えることはできないわけです。

しかしクラビットは、しばしばヘルペスウイルスによる感染症の患者にも処方されます。
なぜなら、ヘルペスウイルスに感染しているということは、体の免疫力が下がっているという状態だからです。つまり細菌感染を起こしやすい状態なのです。それを防ぐために、様々な細菌に効果を発揮するクラビットが処方されるわけです。

まず、他の薬を継続して飲んでいる方は注意が必要です。飲み合わせNGとされているものがあるからです。フルルビプロフェンなど一部の鎮痛剤と合わせて飲むと、けいれんをおこすリスクが出てきます。マグネシウム成分などを含む胃腸薬と合わせて飲むと、その薬の効果が発揮されない場合があります。血流を改善するためのワーファリンを飲まれている方も、注意が必要です。

ですので、薬の服用をしている人は、病院で診察を受けるときに必ず飲んでいる薬を告げておきましょう。飲み合わせによってクラビットの服用はできませんので、お医者さんに判断をしてもらってください。