注目記事

クラビットの適応菌種と効力

レボフロキサシンは、ニューキノロン系の合成抗菌薬で日本の製薬会社第一三共によって発明されたものです。このレボフロキサシンの先発薬名がクラビットで、様々な細菌感染症に適応があるとされる他、急性細菌性副鼻腔炎、肺炎、尿路感染症、慢性前立腺炎、ある種の胃腸炎にも処方されます。また、クラビットは病院でも処方されることの多い抗生物質でもあります。主に細菌に対して大きな効力を持つとされ、適応菌種も幅広いのが特徴です。クラビットは細菌が増殖するのを防ぐ働きをします。高い効果を持つことから現在では様々な病気の治療に使われているのです。

肺を押さえる男性

このクラビットは実際あらゆる感染症に効力を発揮します。特に肺などの呼吸器感染に対して優れた効果を持つのです。肺炎球菌を始め、通常処方される抗生剤では治療が難しい細菌に対しても優れた効き目を示します。抗生剤の場合、人によってはアレルギーなどを持つことも少なくありません。そうした時にこのクラビットは一つの選択肢になるのです。上記の他、中耳炎など耳鼻咽喉科の診療でもこの薬は良く使用されます。サルモネラ菌や大腸菌などにも効力を持つことから、食中毒など感染性の腸炎にも広く使われているのです。抗生剤の例にもれず、このクラビットも他の薬との飲み合わせが時に問題となります。まれにけいれんなどの症状が起こることから、鎮痛剤との飲み合わせには特に注意が必要とされているのです。

胃酸を抑える働きをする胃腸薬を飲んでいる場合には、通常2時間程度の時間を空けて服用することが望ましいとされています。一緒に飲むと薬の効果が時に落ちてしまうことがあるのです。貧血などの場合、鉄剤などを服用していることがありますがこうした薬と飲み合わせにも注意が必要になります。このクラビットは、薬の中でも比較的副作用が起こることはまれだとされていますが、抗生剤という性質上、腸内細菌の乱れによる下痢や胃腸が荒れるなどの症状が人によって出ることもあります。その場合には担当医に相談の上、薬を変えてもらうなどの対処が必要です。

クラビットがオフロキサシンより優れる点

クラビットやオフロキサシンはニューキノロン系の合成抗菌剤で、幅広い細菌感染症の治療薬として知られています。肺炎や腸チフスから、風邪や扁桃炎、クラミジアなどの性感染症など、様々な細菌や微生物による感染症の治療に用いられています。

細菌のイメージ

クラビットがオフロキサシンより優れる点とは、オフロキサシンを改良してクラビットが作られているので、オフロキサシンよりも効果が高く副作用が少ないというメリットがあります。細菌のDNAに働きかけて細菌のDNA複製を阻害して、感染症を治療することができます。クラビットは内服薬の他にも点眼薬や注射などがあり、様々な形状で治療が行なわれています。効き目が早く抗菌効果が高いという特徴をもっているため、症状を悪化させずに治療を行うことができます。

抗菌剤の中では比較的副作用は少ないですが、人によっては副作用を起こす場合があります。発疹や下痢、頭痛やめまい、食欲不振などの副作用が出る場合があり、症状がひどい場合には早期に医療機関で診てもらう必要があります。15歳以下の方には安全性が認められておらず、また、妊婦の方も同様に安全性が認められていないため、薬の処方を受けることができません。

効果が高いクラビットは副作用に注意

クラビットは、細菌を殺菌する薬で、細菌による感染症の治療に用いられます。感染症とは、病原微生物が体内に入って発症するものです。グラム陽性菌や陰性菌、クラミジアなどの細菌に効果があります。成分名は、レボフロキサシン水和物で、細菌の遺伝情報物質の複製を妨げる働きをします。尿路感染症や皮膚、耳鼻科の感染症など幅広く使われています。

めまいがする女性

副作用は少ない薬ですが、まれに発疹やめまい、下痢を起こす場合があります。皮膚が日光にあたって赤くなったり、水ぶくれが出来る光線過敏症が出る可能性もあります。皮膚の弱い人は、直射日光を避けるよう注意が必要です。重篤な副作用はほとんどありませんが、けいれんやアキレス腱障害が報告されています。

また精神変調が出ることがあるので、服用後は車の運転や高所作業など危険を伴う行動は控えるようにします。飲み合わせにも、気をつけなければならない場合があります。フルルビブロフェンといった一部の鎮痛薬と同時に服用すると、痙攣が起きやすくなります。胃腸薬でアルミニウムやマグネシウムを含んでいる場合、同時に服用すると効果が減退してしまいます。高齢者や腎臓の疾患がある人は、副作用が出やすいので、注意が必要です。

クラビットは日本国内で購入するには、医師の処方が必要ですが個人輸入代行業者などのサービスを利用すれば、通販感覚でインターネット上から購入する事が可能です。但し、服用量などは全て自己責任となる為、事前に十分な知識を得ておくことが重要です。

★ヘルペスなどの感染治療薬はこちらがおすすめ!
ウイルスの増殖を抑えるならゾビラックス